新薬とワクチン

予防医学が発達

日本では、病気になったら病院に行くという考えが一般的ですが、欧米では、病気にならないように予防するという考えが進んでおり、その対策やアドバイスを行うクリニックや医者がいます。これらを予防医学といいます。日本でも医療費の問題はありますが、健康保険があるので、自己負担は3割負担、払えないほどの高額ではありません。外国では医療費が高額になるという各国の事情もあります。最近では、日本でも病気にならないための予防医学が注目されています。病気にならないほうがいいですよね。

うつ病患者が増加

日本はストレス社会と言われるように、強いストレスを感じながら、生活している人が大勢いる国です。そのストレスから心の病になる人が増えているというのが現状です。うつ病は、心の病の代表的なものです。抗うつ剤や向精神薬という薬を処方され服用している方が多いのではないでしょうか。しかし、うつ病というのは、薬で治る病気ではありません。近年の研究では、セロトニンやアドレナリンという脳内物質と人間の精神との関わりが指摘されています。最近では、認知行動療法という方法で治療するケースも増えてきているようです。うつ病になり、ひどいケースだと自殺する人もいます。身体も大事ですが、心のケアも大事なのです。大企業となると、社内に医務室があり、カウンセラーが常駐しているようです。今後は、カウンセリングや認知療法などが注目されていくと思われます。このサイトでは、うつ病の治療法や薬についての情報を公開しています。日頃から心の健康を保ち、健やかに過ごしましょう。

デパスの効能

デパスは不安障害などで処方される事が多いと言われていますが、これ以外にも肩こりや腰痛で悩まされている人に処方される事があります。デパス錠は、比較的効果が弱い薬となり、また効果の持続時間も非常に短いため、初めてこのような精神的に効果のあるお薬を飲む人にも向いていると言われています。効果が出るまでの時間も更に短いですから、パニック障害の発作が起きそうな場合の頓服として処方され、常に持ち歩いていると言う人もいます。デパスは細粒意外に錠剤があり、0.25ミリグラムと0.5ミリグラム、そして1mg となっています。自律神経失調症の緩和などにも役立ってくれるお薬となり、本当に広く使用されているお薬ではないでしょうか。

パキシルの効能

パキシル錠はパニック症候群の症状の緩和に役立ってくれるお薬として有名です。選択的セロトニン再取込阻害薬となり、SSRI な部類の薬になりますが、パキシルは安全性が高く、初めてこうした薬が服用する人でも服用しやすいと言われています。ただ、パキシルは長期間に渡り服用を継続していると、便秘になってしまう人がいるために、便秘を改善するためのお薬も同時に処方されるようなケースがあります。パキシルを服用していて、どうしても便秘が改善されないようであれば、自分から医師に相談するのも良いでしょう。比較的効果の強いお薬となり、ある程度の長期間に渡り服用を続けていて、突然薬を飲まなくなってしまうと、断薬症状が出る場合があります。

エイズの治療薬

エイズという病気は、HIVと呼ばれるエイズウィルスが体内に入ることで感染してしまう病気で、初期症状があらわれるのですが、長い潜伏期間に入りますので気が付かない人が多いと言われています。このエイズの治療薬とワクチンの開発は、ワクチンについては開発していない状態にあり、その理由にはエイズウィルスは突然変異を繰り返し、ワクチンの効力から逃げると言われているからです。そして、治療薬は複数の薬を組み合わせて飲むことが良いと言われており、これを多剤併用療法と呼ぶのですが、薬が効かなくなるウィルスに効果が期待できると言われています。しかし、エイズの治療薬とワクチンの開発を頑張ったところで、エイズウィルスの増殖を抑えることしかできず、体内からエイズウィルスを排除する段階に至るまでには、まだ時間が必要とされています。現段階では世界中でエイズの治療薬とワクチンの開発が行われていますので、それを待つしかないということです。HIV感染拡大防止のためにも、定期的にエイズ検査を受けましょう。

 

関連サイトの紹介 aids検査キット 通販

梅毒の検査を受けるには?

梅毒はペニシリン系の治療薬があるので、現代では爆発的な感染拡大はありませんが、いまだに感染者が増加している性病です。梅毒に感染すると特有の症状がでるので、初期症状は分かりやすい病気です。しかし、自己判断ではどうにもなりません。もしかしたら、梅毒に感染しているかもと思ったら、迷わずに検査を受けましょう。梅毒の検査は保健所でも行っています。その他には、市販の梅毒検査キットを利用するという方法もあります。梅毒の検査は、HIVと同様で血液検査になります。梅毒検査キットの場合でも採血は簡単です。血糖値を計るのと同様に、専用の器具で指に針を刺します。血が出たら、検査シートに染み込ませて、それを検査機関で調べてもらいます。梅毒の検査は自宅でも簡単にできるのです。梅毒の検査を受けるときは、HIV検査と合わせて受けることをお勧めします。梅毒の感染が疑われる場合は、HIVも同じく疑いがあるからです。

 

関連サイトの紹介 梅毒 検査キット 市販