コレステロールの種類

悪玉コレステロールについて

コレステロールには、善玉と悪玉があり、悪玉にこそ注意するべきだ、ということは、もはや常識になりつつあります。しかし、悪玉コレステロールの値が正常でも心筋梗塞などをおこす原因として、「超悪玉コレステロール」と呼ばれるものがあることが解明されてきました。超悪玉コレステロールとは、悪玉コレステロールより小さな粒子で、悪玉コレステロールと糖が結び付くことで、表面の形が変化したものです。この分子の変化から、血管の壁にこびりつきやすい性質を持つのです。この超悪玉コレステロールをもちやすいのは、メタボリックシンドロームにかかっている人だと言われています。改善のためには、血中の中性脂肪を減らすため、食事、運動に気を遣い、生活習慣に注意する必要があります。超悪玉コレステロールを減らす方法とは、そもそも悪玉を減らす方法と全く同じです。心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすコツは、日常生活の改善にあるのです。


病気と治療