精神安定剤とは?

抗うつ剤の種類

抗うつ剤には、大きく分けてSSRIやSNRIなど種類があります。その種類の中に、たくさんの個別の抗うつ薬があります。それぞれ効果や副作用が異なります。抗うつ剤には、薬の服用を中止したときに離脱症状がでることがあります。もちろん、抗うつ剤の効果や副作用、離脱症状には個人差があります。しかし、多くの方が副作用や離脱症状に悩まされているのが現状です。別のページで詳しく解説しています。

トランキライザーについて

トランキライザーとは、簡単にいえば、不安に思う気持ちを抑える薬です。精神安定剤とも呼ばれます。メジャートランキライザーと、マイナートランキライザーがありますが、統合失調症に使われるのがメジャートランキライザーで、神経に係わる病気、うつ病、精神的なストレスが原因で起きてくる身体的な病気に使われます。どちらのトランキライザーも中枢神経に作用して行きます。一般的にトランキライザーは副作用が少ないと言われていますが、ベンゾジアゼピン系薬剤の為にそのベンゾジアゼピン系特有の副作用があります。お酒などとの併用はお勧めできないもので、一部には物忘れを引き起こす可能性もありますし、眠気が出てきますので、車の運転や、危険な作業、機械作業などは行なわないようにしましょう。

抗うつ剤関連エントリー


病気と治療