不眠治療の薬

眠れないときには睡眠導入剤

近年、将来に対する不安や対人関係などのストレスで、不眠の症状を持つ人は増加傾向にあるようです。睡眠導入剤は、眠剤と略されて呼ばれることもあります。眠れない、寝つきの悪いときに睡眠導入剤を服用してから寝るという使い方をします。また、時差ボケを強制的に治すのにも有効です。有名なお薬にハルシオンがあります。お酒で飲むと効果が強く出たりするので危険です。これには注意が必要です。

睡眠導入剤関連エントリー


病気と治療