クラミジアと淋病

淋病は感染力が強い

淋病とクラミジアは、性感染症の中でも感染者が多く、最もポピュラーな性病といえるかもしれません。淋病はエイズと比べても感染力が強いほうなので、感染を拡大させています。その感染率は30%程度といわれています。これは高い感染率といってもよいのではないでしょうか。淋病に感染しても、抗生物質を飲むか注射をすれば治ります。治療自体は簡単です。淋病の原因は、淋菌と呼ばれる細菌です。淋菌について詳しくは別の項で説明しましょう。淋病は、性病なので主に性器に感染しますが、オーラルセックスなどが原因となり、咽頭にも感染します。別のページにて咽頭の淋病の症状や治療について解説していますので、そちらをご覧ください。なんにせよ、コンドームを着用して予防するのが一番ですよ。

淋病について関連エントリー


病気と治療