プチ認知療法とは?

認知行動療法とは何か?

認知行動療法という療法がありますが、ご存知でしょうか?認知行動療法とは、主にうつ病に効果のある心理療法です。治療に薬を飲むより、自分の考えや行動を理解し、カウンセラーと解決していくものです。そして、認知行動療法とは認知療法に基づいてどのように行動すべきか修正していく療法です。認知行動療法は、今までの心理療法とは違います。今までは、カウンセラーが聞いて終わりというのが、多かったのですが、カウンセラーと一緒に考え行動するので、気づける部分が多いのです。実際に効果があり、認知行動療法は、様々な障害に使用されています。うつ病以外にも、ストレス障害や摂食障害、パニック障害に生かされています。そして、薬での療法をしていた人たちが副作用で苦しんでいた場合、副作用が無くなります。認知行動療法でリラックスし、少しでも不安を取り除きましょう。必ず、効果があるとはいえませんが、少しでも変われることは間違いありません。なお、プチ認知療法というものもあります。認知行動療法を試すまでいかないという人でも、プチ認知療法なら気軽にできるでかもしれません。


病気と治療