セロトニンを増やすには?

セロトニンとは?

日本人の15人に1人は経験する病気といわれるうつ病。その数は世界的にもどんどん増え続けている病気の一つですが、この病気はストレスの他に、セロトニンなどの脳内物質の不足によりかかると言われています。セロトニンとは脳内で作られる神経伝達物質の一つです。自律神経を調節し精神を安定させる働きがあるため、このセロトニンが不足すると、感情にブレーキがかからなくなったりうつ病になったりするのです。逆に、このセロトニンを増やすと脳は活性化され、ストレスにも強くなります。しかし、セロトニンを生成するにはトリプトファンや必須アミノ酸が不可欠で、これらは、体内で生成されるわけではありません。それで食べ物から摂取する必要があります。必須アミノ酸を多く含む肉類やトリプトファンを多く含むバナナなどが良いでしょう。それに加えてセロトニンを増やすサプリメントを服用することもできます。抗うつ薬はセロトニンの伝達をスムーズにする働きがありますが、セロトニンそのものを増やすわけではありません。ですから、セロトニンを確実に増やすにはサプリメントが効果的なのです。


病気と治療