ガン克服の食事療法

抗がん剤治療は、種類によっては副作用が違ってきます。
吐き気などの自覚的なものと検査でわかるものがあります。
どの抗がん剤治療の副作用も、表れ方には個人差があります。
最近では、抗がん剤治療の副作用は予防法等の進化で、かなり抑えられるようになってきました。

 

そこで、抗がん剤治療の副作用の主な物をみていきましょう。

 

・ 脱毛…毛髪を作る細胞がダメージを受けるために、脱毛が起こる事があります。
治療開始後2〜3週間で始まり、最終治療後2〜3カ月で回復し始めます。
・ 倦怠感…抗がん剤治療が何回も行われると、回数を重ねるたびに倦怠感は蓄積されて行きます。
治療が終了しても、しばらく続きます。
・ 感染症…多くの抗がん剤治療の副作用に共通する症状です。
骨髄の造血細胞がダメージを受けるために白血球や赤血球が減少して行きます。
・ 口内炎…抗がん剤治療によって粘膜が傷つけられて起こる副作用です。
炎症が治まるまで時間が掛るので、悪化させないようにします。

 

この他にもいくつか抗がん剤治療の副作用があります。
抗がん剤治療の表れる副作用や時期等を担当の医師からしっかり説明を受けて、
理解を深めておく事が必要です。


病気と治療