食事療法と免疫療法

「がん 代替療法」とは何でしょう。
がん治療には「手術」「放射線」「抗がん剤」の三大治療法と呼ばれる治療方法があります。
しかし、この三大治療法の他に「がん 代替療法」というものがあります。
それは、漢方・気功と言う東洋医学を参考にした治療や、食事療法・サプリメント・免疫療法から
心理療法まで様々あります。
その中のいくつかを見て行きましょう。

 

「がんの遺伝子治療」
がんと言うのは、遺伝子に傷がつく事によって細胞ががん化して行くのです。
ですから、この傷ついた遺伝子を修復すれば、がん化して行く事を抑える事が出来るのです。
人間の元々持っている免疫力を活性化させてがん治療を行うという「がん 代替療法」です。

 

「温熱治療法」
がん細胞は正常な細胞と比べて熱に弱いという特徴を利用して、マイクロ波や
電磁波等を使ってがん細胞を弱らせていく「がん 代替療法」です。
弱らせた所に、放射線治療を並行して行って、治療効果を上げるという方法が取られています。
この「温熱治療法」の医療器具も充実しており、健康保険も適用できます。

 

まだまだ研究段階の「がん 代替療法」もありますので、研究結果に期待が高まるところです。


病気と治療