フコダインの効果と副作用

がん治療で注目のフコダイン

がん治療で注目をされていて、実際に医療の現場でも使用されている「フコダイン」を皆さんはご存知でしょうか。「フコダイン」は、モズクや昆布、メカブ等の海藻の表面に付いているヌルヌルに含まれている多糖類の事です。

 

このヌルヌルは、海藻が潮の流れで傷がついたときにガードする役目をしていたり、海面に出た時に、乾燥から守る役割をしているのです。このヌルヌルに含まれているフコダインが、がん治療に一役かっているのです

 

フコダインには「正常細胞に影響を与えずに、がん細胞だけを崩壊させる」という研究発表が1996年の日本癌学会でのことでした。抗がん剤治療ですと、がん細胞だけでなく正常な細胞までダメージを与えてしまい、体力の低下がマイナス点であったのに対して、これはとても画期的な発表でした。その後、フコダインにはがん治療以外でも、糖尿病・帯状疱疹ヘルペス・高血圧等にも効果があると発表されています。

 

ただ、一言で「フコダイン」といっても、様々あります。海藻の違い・原産地の違い・抽出技術の違い・製品になったときの純正度等々。その中から、自分に合った「フコダイン」を選んでいかなければいけません。


病気と治療