ロキソニンの通販

ロキソニンの効能と副作用は?

喉頭クラミジア感染症などでよく処方されるロキソニンの効果と副作用とはどのようなものなのでしょうか?一般的にロキソニンと言うのは、プロスタグランジンの生合成を抑え、それに伴う炎症の腫れや痛みを緩和し、熱を下げる効果があります。また、インドメタシン配合の鎮痛剤に比べ、鎮痛作用に優れ、副作用が比較的少ない医薬品です。ロキソニンの効能は、主に筋肉痛やリウマチなどの鎮痛に効果的で、解熱、急性上気道炎等の治療に使われています。ロキソニンの副作用として、腹部の不快感、胃痛、嘔吐、下痢、食欲不振など消化器系の異常、むくみ、過敏症、眠気などを引き起こす可能性があります。また、重篤な副作用として、急性腎不全、再生不良性貧血、消化性潰瘍、間質性肺炎、肝機能障害等がありますので、服用の際には注意が必要です。もし、体に不調が起こった場合にはすぐ服用を中止し、専門の医師や薬剤師に相談してください。自分勝手に薬を服用することは危険ですので、必ず、用法、用量を守り、服用するようにしましょう。


病気と治療