SSRIとトランキライザー

SSRIについて

抗うつ剤は、うつ病や不安障害などの気分障害を緩和・リラックスさせるために用いられる精神病のお薬ですが、抗うつ薬にはいくつか種類があります。その中でSSRIという呼び名のつくお薬がいくつかあります。デプロメールやパキシルなどがSSRIに分類されますが、一体どのようなお薬となるんでしょうか。

 

SSRIとは、「Selective Serotonin Reuptake Inhibitors」の頭文字を略したものになり、訳すると「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という意味になります。神経伝達物質であり人間の気持ちを左右すると言われているセロトニンの再吸収に作用するはたらきがあるお薬です。従来使用されてきた抗うつ薬よりも副作用を少なくして、更に効果を発揮させるために開発されたものです。実際に口の渇きや便秘といった副作用は抑えられるようになりました。しかし、飲み始めの時期にはアクチベーション症候群といって不安感や不眠などの症状が現れる場合があります。また、うつの症状が落ち着いたからという理由などによって急に服薬を中止してしまうと、めまいや幻聴などの症状が現れる場合があります。医師の指示に従って徐々に薬の量を減らしていくようにする必要があります。SSRIによる効果が発揮されるのは個人差があるとされています。SSRIの服用量や時期については症状の様子を見ながらしっかりと調整する必要がありますので、絶対に自己判断をせずに医師に相談しながら服薬することが大切です。


病気と治療